COMPANY

 

”本当の安定”を個々が作れる新しい世界を創造する。

私は、2015年12月に独立起業を志すまでは

『いい学校に入って、いい会社で勤める』ことで経済的にも豊かになり、

自分そして何よりも大切な家族を幸せにできる。

———そう信じて疑っていませんでした。

あああ

あああ大学入試の受験勉強は寝る時間を削って机に向かい、

就職活動では真っ黒なリクルートスーツに身を包んで必死で自己アピールし、

会社ではいかにして出世コースに近づけられるかを考え、生きてきました。

aaaa

ただ、毎日のように進化が起きている激動の時代の中では

今までの考え方では通用しなくなっています。

既存の働き方・仕事がなくなってしまうのも、もはや時間の問題なのです。

zzzzz

『安定している銀行を辞めただなんて思い切った決断をしたのですね!』と周りからよく言われますが、

私自身その決断をしたことは、最善の選択をしたと確信しています。

aaaaaa

当時、あの決断をしていなければ今頃は肉体的にも精神的にも困憊し、

大袈裟でもなんでもなく『この先、仕事や家族はどうしたらいいのだろう・・・』と

生きる希望を失っていたかもしれません。

aaaaa

自分や大切な家族を守れるのは、じぶんだけ。

今こうやって、じぶんのチカラで家族を守れる経済的・精神的な豊かさを手に入れられたのも、

弊社でお届けする起業法を忠実に実践してきたからなのです。

aaaaaa

もっと多くの方が、

一生涯にわたって自分と大切な家族のための

“本当の意味での長期的な安定”を得られることを願っています。

aaaaa

株式会社エス・プロモーション

代表取締役社長 

- Profile -


山本 佳典

株式会社エス・プロモーション
代表取締役社長

山本佳典(やまもと・よしのり)

 

株式会社エス・プロモーション 代表取締役

大手企業・公務員からの独立起業成功実績No.1コンサルタント

 

1989年岡山県生まれ、同志社大学経済学部卒

(株)三井住友銀行に入行し、

個人の富裕層顧客2,000人以上に対しての

資産運用コンサルティング業務に従事。

 

持ち前の顧客折衝能力、分析力を発揮し

新人トップ営業マンとして異例の営業成績をあげ、

担当エリアの収益アップに貢献。

 

その一方で、

大企業特有の人間関係や軋轢が原因で

精神疾患を患い、生死の境を彷徨う経験や、

超マンモス企業の小さな歯車にしかすぎない、

「じぶんだからできる仕事」ではないと

働き方に関する理想と現実のギャップを感じ始め

独立起業を決意。

 

厳しい副業禁止規定がある限られた条件のもと、

副業期間わずか3ヶ月の間に売上700万円超を達成。

 

絶対安定と言われる大手銀行というブランドを捨て、

2016年7月に完全独立。

 

起業初年度で年商3,000万円を達成し、

2017年7月に株式会社エス・プロモーションに法人化。

 

「本当の安定は自分で創れる」という企業理念のもと、

大手企業・公務員からの独立起業支援を専門とし、

起業成功実績が業界No.1の評価を受ける。

 

主なクライアント実績として、

三井住友銀行、SMBC日興証券、野村證券、りそな銀行、池田泉州銀行、プルデンシャル生命、ソニー生命、メットライフ生命、JAL、阪急阪神ホールディングス、パナソニック、テレビ東京、NTT、住友不動産、HONDA、吉本興業、小学校教師、国家公務員、看護師、弁護士、税理士、司法書士、理学療法士…etc

 

といった、名だたる大手企業・公務員として

勤務していたクライアントが中心。

この2年で100件以上の独立起業・経営相談実績を有する。

 

クライアントの主な成果としては、

副業からスタートし、わずか3ヶ月で月収100万円を突破し、

半年で独立起業に成功、

その後法人化を実現し、経営者となるクライアントが続出。

 

「山本さんに出会っていなければ、

このまま”大手企業なら一生安泰という幻想”に

取り憑かれたままでした」

 

「こんな短期間で人生が変わるとは思いませんでした」

という喜びの声が多数届く。

 

- Story -

山本佳典の起業への道のり

なぜ最初は大手都市銀行の銀行員になったのか?

 

私は岡山の田舎で厳格な両親に育てられ、

『頑張って勉強して立派な大学に行って、大手の会社員や公務員になりなさいね!』という昔ながらの教育を受けました。

それが正解だ、それが世の中のスタンダードなのだと完全に信じきっていました。

 

「こんなことをしたい」という大きな夢も持たず、そのまま大学に進学し、在学中もこれといった目標も持たず、就職活動が始まりました。

それまでキャリアに対して深く考えたこともない私は、「行くなら絶対大手じゃなきゃダメだ!」という短絡的な考えや、「大手にいけるってすごいよな!羨ましい!」という周りの目・世間体を気にしたキャリア選択をしました。

 

当時、就職人気ランキングに上位にあり、在学中に取得していたFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を活かせる、またワークライフバランスが取れると言われていた”エリア総合職”として、メガバンクで働けるということに魅力を感じ、前職である三井住友銀行に就職をしました。

なぜ銀行員を辞めようと思ったのか?

 

目標も何もなく銀行に就職をした私は、早速理想と現実のギャップに潰されました。

「お金を扱える仕事は、人の役に立てる素晴らしい仕事だ」そう就職活動中に聞いていたのとは裏腹に、

やはり銀行も営利企業でありノルマノルマノルマでお客様本位でないことがほとんど。

さらに言うと、銀行の社風に全く自分が合っていませんでした。

 

確かに、お客様から感謝の言葉をいただく時もありますが、

大半の時間一緒にいる同僚や先輩、上司を見ると楽しそうに仕事をしている人は少なく、

ただ言われていることを黙々とこなし、銀行は減点方式の評価体制なので「絶対にミスをしないように」というガチガチのルール・規制に縛られていました。

 

また、当時の上司からのプレッシャーは大きく、

遂にはストレスで自律神経をやられ、声を3ヶ月失い、全身蕁麻疹が出るまでの瀕死の状態に陥りました。

結婚したての時期であり、毎日毎日自分の情けない姿を新婚の妻に見せるのがもっとも苦しく、

「これ以上ここにはいられない。銀行を辞めよう」そう決意しました。

なぜ転職ではなく”起業”をしようと思ったのか?

 

当初は、銀行を辞めようと思い、転職サイトに登録をして転職を考え始めました。

ただ、希望するような仕事もなく、

第一に仮に転職をしたとしても、もしかしたら転職先にも同じような上司がいて、また潰されてしまうのではないか・・・、

という大きな恐怖心が出てきて、転職という選択を諦めました。

 

ただ、これ以上銀行にいることもできない、どうにかして自分だけでなく家族を守らなければ・・・

そう思った時に”独立起業”という選択が目の前に現れました。

 

もともと、大企業の歯車にすぎず、じぶんという存在で選ばれていないという虚無感も大きく、

上司の軋轢や様々な規制などの外部環境に左右されない、自分に裁量権のある働き方を求めていたので、

「起業」という選択は「チャレンジしたい!」という思いが強くなりました。

 

そして、

銀行員として毎日20時半まで働きながら夜な夜な副業として起業準備を行い、

副業期間3ヶ月の間に売上700万円超を獲得し、

2016年7月に銀行をやめることができました。

なぜ今の事業を行っているのか? 〜なぜ、大手企業や公務員からの独立起業講座を?〜

 

「大手銀行の大規模リストラ」「AI革命による消える職業問題」などにより、

今まで「絶対安定」と言われていた銀行員をはじめとした大手企業や公務員という働き方も一気に危うい状況になってきています。

 

「今はまだ大丈夫」という事勿れ主義では済まない状態になっており、

自分で自分を守ることが当たり前の時代になっています。

 

私自身そうでしたが、

「大手だから大丈夫、一生安泰」という短絡的な考えでキャリアを決めてしまったがために、

実際に就職した時にその理想と現実のギャップを受け、

上司からの心理的な圧力、急な業務内容の変更や最悪の場合はリストラなど、外部環境に大きくコントロールされてしまいます。

 

そのように、これ以上世の中に左右された人生を歩む人を減らしたい。

自分の人生を自分で選んで、自分でコントロールできる方法を身につけてほしい。

そういう思いで活動をしています。

なぜ今の事業を行っているのか? 〜なぜ、仕事と家庭を両立できる起業家・経営者を育成しているのか?〜

 

はっきり言って、仕事ができるのは男にとって当たり前のこと。

女性の社会進出が目覚ましい世の中で、

女性は「仕事も家庭も頑張っている」のに、男性が仕事だけ頑張っていればいいなんていうのはおかしな話です。

 

私自身、結婚し子供を2人育てている立場なのでわかりますが、

子育てというのはとてもじゃないですが、ひとりでなんとかいくものではありません。

多少の手助けだけでなんとかなるものでもありません。

 

夫婦でしっかりとお互いの価値観をわかりあい、

ともに協力していかなけば理想的な家庭を築くことは難しいと言えます。

 

また、会社をやめて経営者となった今だから思うことですが

会社員として仕事をしていては十分に子育てに参加できる時間も心理的な余裕もありません。

 

子供が「あれやりたい!これほしい!」と言った時に

与えることのできる時間やお金の制限も出てくるでしょう。

 

今後の未来を担う子供を育てる私たちは、

もっと時間的にも精神的にも経済的にもゆとりを持った生活をしていく必要があります。

 

それを実現することができるのが、

「起業」だと私は考えています。

 

もっと多くの「イクメン社長」を輩出すること。それが弊社のビジョンです。

Company Profile -会社概要-

会社名 株式会社エス・プロモーション
代表取締役 山本 佳典
所在地 〒530-0004大阪府大阪市北区堂島浜2-2-28 堂島アクシスビル4階
連絡先(MAIL) info@s-promotion.jp
連絡先(TEL) 06-7777-1611<お問い合わせ窓口:10:00〜18:00(平日)>
設立 2017年7月7日
主要取引銀行 ・みずほ銀行堂島支店

・池田泉州銀行堂島支店、 他

顧問税理士 スタートパートナーズ総合会計事務所税理士 古殿哲士

(大阪市北区堂島2ー3ー2 堂北ビルディング6階604)

主要取引先 ・株式会社アウトスタンディングパートナーズ(https://outstandingpartners.com/)

・株式会社Achievement

・EXEUP 株式会社(http://www.exx.jp/)

・株式会社ビーアイグローバル(http://bi-global.co.jp/)

・株式会社ユートピア(http://utopia-official.com/)

・ブランディングデザイン事務所 ーヤオヤー (http://yaoya.biz/)

・株式会社篠三矢総研(https://shinomiyasouken.com/)

・株式会社LAMPSMITH(https://lampsmith-inc.com/)

・ラフデザイン株式会社(https://lafdesign.jp/)

・アメジスト法務事務所(https://www.amethyst-legaloffice.com/)

・FP事務所 ZEN(http://fp-zen.com/)

・有限会社サンエイホールディングス(http://www.sanei-holdings.co.jp/)

・・・・その他、個人事業主、独立開業予定の会社員・公務員様

(順不同)

事業内容  1. 独立起業支援、マーケティングやセールスに関するコンサルティングをはじめとする個人向け人材教育事業

2. 売上、集客、営業等に関する改善・向上のためのサポートや、マネジメントに関するコンサルティングをはじめとする法人向け経営コンサルティング

3. ファイナンシャルプランニングや不動産に関連するセミナーの実施及びコンサルティング業務

4. 書籍、雑誌の出版販売

その他付随する業務

<オフィスへのアクセス>JR大阪駅、阪急梅田駅、地下鉄梅田駅から徒歩10分

株式会社エス・プロモーション

〒530-0004
大阪府大阪市北区堂島浜2-2-28 堂島アクシスビル4階

会社沿革

年月 沿革
平成28年 3月 銀行勤務の傍ら、副業としてコンサルティング事業を個人事業として開始。
6月末 副業期間3ヶ月で売上700万円を計上、三井住友銀行を退職。完全独立。
7月1日 個人事業『ライフプランニングエキスパート』として開業。開業当時は、個人事業主・営業マン向けの営業指導コンサルタントとしてデビュー。

10月 WEBマーケティングスキルを習得し、集客・セールスのプロモーション活動を開始して事業拡大。
12月 個人事業主向けサービスに加え、中小企業向け経営・マーケティングコンサルティング事業と従業員向け営業研修を開始。
平成29年 2月 コピーライティングスキル、指導実績を買われ月間45万PVある大手IT企業運営サイトの外部講師として『独立起業』に関する特別コラムの掲載スタート。

 5月  師より商品開発スキル、コンサルティングスキルを仰ぎ、現在の事業の源流となる『起業経験ゼロの会社員・公務員向けの独立起業支援コンサルティング』を開始。元来進めたかった、自身のミッション・使命とも言える事業内容でもあったことから、これまでの事業の2倍3倍の成長スピードで事業発展が進む。
 7月7日 独立後わずか1年で年商3,000万円を突破。平成28年7月に独立して、丸1年という節目ということもあり、

大阪堂島というオフィス街の中心で、

『株式会社エス・プロモーション』を設立。法人化を実現。

10月 銀行員を中心にして大手企業や公務員のクライアントが事業開始以来延べ人数50人を突破し、

名実ともに

\銀行員など大手企業・公務員からの独立起業成功実績No. 1/となる。

 平成30年 2月 経済経営雑誌から経営者インタビューとして特集される。*躍進企業応援マガジン
『COMPANY TANK』
2018年5月号(国際情報マネジメント有限会社 発行)
5月(予定) 新規WEBプロモーション開始予定。
 7月(予定) 設立2年目に際し、”じぶんにしかできない仕事で起業し、

仕事と家庭をパーフェクトに両立しながら

最速で年収2,000万円を突破する”

業界初の大手企業・公務員専門の独立起業講座を開催予定。