先日開講しました、

《Breakthrough Expert Academy》ですが、

早速何人かの方から

申込希望のお話をいただきまして、

大変嬉しく思っています!

ありがとうございます!

 

 

また、詳細について

わかりやすくしたものを

作成する予定にしてますので、

検討されている方は、

お楽しみにしてください!!

 

 

・・・・

妻からこんなこと言われました・・・

 

さてさて話は変わりまして、

昨日妻からこんなことを言われて、

ハッとしました・・・・

 

『最近仕事忙しそうだけど、

もっとみお(=娘)とも遊んであげてね。』

29d119f7c518b0a44a25d8aa4c6bdcb8-1024x683

 

自分では十分にとっていたと思っていたのに、

妻からしたら全然とってあげれてないように

見られていたのです・・・・・。

 

僕の認識と、妻の認識が

食い違っていたのです!

 

 

 

僕の認識:脱サラして平日にも時間作って遊べている。

 

妻の認識:前は土日休みだったのに、今は定まってないからいつ休みかわかんない。

 

 

妻はまだ会社員だった時の僕の生活スタイルに

慣れきっているので、

あまり休日の感覚がわからないようなのです。

 

なので、まだ戸惑っているようだったのです。

 

 

・・・・・

このように、

過去の経験や習慣に縛られて、

結論を導くことを

【ヒューリスティックス】

と言います。

 

 

今回我が家はまだ平和でしたが、

この認識のズレが更に発展したら・・・・、

想像したくもないですね汗

 

 

これが会社員の場合だと・・・・

 

もし、この【ヒューリスティックス】

会社でもあったとしたら、

こんなケースになります。

 

例)

上司のA課長が、部下のBくんに

こんなことを言いました。

shutterstock_118741597

『最近の若いやつは本当にできないな!

昔は〇〇だったんだぞ!お前もこうやってやれ!』

 

 

こんな感じで怒鳴り散らすわけですよ!

 

『昔は〇〇だった!』

昔の自分の価値基準で物事を判断してるんですね!

それで若手社員の考えは間違ってると

言い張るのです!

 

困ったものですよね!!

 

そうしたら・・・・・・

o0411031112898513809

『クソ上司め!』

 

ってなって職場環境が悪化するんですよね・・・・。

 

この原因は全て、

【ヒューリスティックス】がもたらすものなのです。

 

 

 

お互いの認識の共有というのは、

仲違いしないためには

必ず必要ですね!!!!!

 

 

身に染みてわかりました・・・・

 

 

山本 佳典

1989年岡山県津山市生まれ。 同志社大学経済学部首席卒業後、株式会社三井住友銀行に入行。入社1年目から営業成績No.1の全国表彰を受ける。入社5年目に独立起業後、現在の独立起業のプロデュースを行う会社を設立し6年で延べ2,000名超の支援実績。日本テレビ『NEWアベレージピープル』などテレビ3社、新聞3社、ラジオ、経済雑誌などメディア出演実績30社以上と多数。 中小企業庁認可「起業家教育協力事業者」中学高校有名大学で講師登壇。 著書3冊『これからは入社5年経ったら、もう独立起業しなさい!』『13歳のきみに伝えたい本当に必要な7つの才能』『社員ゼロで1億円を生み出す最強の稼ぎ方』がある。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。