BLOG

独立起業・経営に関する
具体的なノウハウや考え方などについて
ブログやコラムにまとめています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. マインド
  4. あなたは今、なんのためにテストで高得点を取ろうと努力していますか?

あなたは今、なんのためにテストで高得点を取ろうと努力していますか?

いつの時代もありますよね。

 

テスト。

 

小学校、中学校、高校、大学、社会人・・・・

 

いつになっても、

テスト、テストテスト、・・・・・。

 

 

あぁ〜もううんざり!!!!!

 

って人も多いはずです。

 

 

僕は『テスト』って言葉には、

すごく過敏に反応してしまいます。

 

なぜなら、

僕の親の教育方針では

『あなたはテストで100点とらなければいけないのよ!!』

situke

と、ずっと言われ続けていたからなのです。

 

会社員になってからも

テストや試験というのは多くありました。

 

 

僕はなんのために

テストで高得点を取る努力をしてるのか、

過去を紐解いていくと、

まちがった努力をしていたのです・・・・。

 

 

 

 

 

今、あなたは何のために努力をしている?

 

資格取得や会社内、自己研鑽のために、

社会人になっても、

テストや試験というものは多くあると思います。

 

僕自身、

銀行で勤めていた時には、

入社前からすでに多くの試験を受け、

入社してからもかなりの数の試験を受けました。

 

例をあげると、

・証券外務員試験

・生命保険取り扱いの各種試験が山ほど

・FP(ファイナンシャルプランナー)

・銀行業務検定     ・・・・などなど

 

まぁ山ほどありました。

 

その試験に通過するために、

寝る時間を削って、

必死に勉強していたのです。

ae00e6ae-122536

 

眠い目をこすりながら、

通常業務に取り組んでいた日が懐かしいです笑

 

ここで重要な落とし穴がひとつ。

 

実は、

会社にいた時に、

必死に勉強していたその努力は、

 

《試験に通過するのがゴール》

《社内での昇格のためというのがゴール》

 

という、

完全に自分にベクトルが向いた努力だったのです。

 

 

全員ではないとは思いますが、

会社員の人の中には、

こういった内向きのベクトルの人が

多いような気がします。

 

《いい成績を残して、上司に気に入られたい》

《あの同期を蹴落として、自分が昇進できればいい》

141023_step-up-danshi

 

 

そのために勉強したり、

テストに臨んでいるのです。

 

 

これはものすごく不健全な努力です。

 

 

その先にある、

《お客様のために》

という視点が欠けているのです。

 

 

”お客様が求めているものに、お客様が支払う価値以上の

クオリティーを提供する”

そのために、努力をする必要があるのです!

 

期待を超える価値を与えるために

 

期待を超える価値を提供するため。

 

そのために学び、努力を続ける必要があります。

 

60点の中途半端な努力では、

マイナス40点分は、相手にとって

不足している、十分な価値を提供できていない、

ということになるのです。

 

努力のその先のお客さんのことを思って、

日々鍛錬していきましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。