BLOG

独立起業・経営に関する
具体的なノウハウや考え方などについて
ブログやコラムにまとめています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 資産運用
  4. 不労所得を得ようとする前に、フロー所得をきちんと稼ぎましょうよ。

不労所得を得ようとする前に、フロー所得をきちんと稼ぎましょうよ。

『あぁぁあぁ、不労所得が欲しいな〜。』

cropped-title2

 

って言っている人が、

世の中多すぎるな〜って最近多いと思いませんか?

 

Facebookでも、

Twitterでも、

SNSを覗いてみると、

ほぼ毎日のように”不労所得”

というワードが出てきますね。

 

 

もちろん、

僕は不労所得を得ることには大賛成です。

 

だって、

できるものであれば、

働かずしてお金が入ってきたら

めちゃくちゃ嬉しいですもん!

furo3

 

好きな時に、好きなことを好きなだけやる。

 

 

 

めちゃくちゃいいじゃないですか〜。

 

 

ただですね、

この不労所得を得る前に、

大切なことってあるんですよ。

 

 

それは、

『フロー所得』を得る実力をつけること。

なんです!!

 

 

 

・・・・

・・・・

 

『はぁ??????何言ってるの???』

eb5f92b0953f73bb792bc41f724bb4de_14287

 

って感じですか?

 

何が『フロー』ってカタカナで言ってるんだよ?って感じですか?

 

 

大変残念なお話ですが、

それでは、

不労所得を得ることなんてできませんよ。

 

 

今日は、

『フロー所得』と『不労所得』について

学びましょう!

 

フロー所得、ストック所得の違いを知る

 

所得、収入には大きく分けて、

『フロー収入』『ストック収入』の2つがあるのは知ってますか?

 

フロー収入

hubspot-workflow

 

そもそも、フローとは、

『流れ』ということです。

 

フローチャートとかって言葉もありますよね?

 

フローのビジネスとは、

『商品を仕入れて、それを販売して利益を得る』

という、売り切りの商売のことです。

 

臨時ボーナスや、ギャンブルで一発儲けたお金とかは

全てフロー収入にあたります。

 

会社員の給料というのは、

一見そうではなく安定していそうですが、

833-first_image-450x450

労働力を売って、その対価として給料をもらっているので、

これもフロー収入です。

 

給料=フロー収入というのは、

覚えておいてください。

 

ストック収入

154440-1024x768

 

ストックとは、

『積み上げていく。』ということで、

ストック収入とは

『安定継続的に積み上げていく収入』

なんですよね。

 

 

会員制ビジネスや、

それこそ一般的に不労所得として代表的に考えられている、

権利収入、金利収入、不動産収入などは、

このストック収入のことです。

 

 

そうすると、

《フロー所得≠不労所得》ということが

わかりましたかね?

 

 

不労所得はストック収入のことなんです。

 

 

フロー所得すら稼げないのに、不労所得は得られない。

 

最近、

不労所得を得ようとしている人は、

フロー所得、つまり給与収入で資産を貯めることなく、

不労所得を得ようとしている人が激増しています。

 

 

はっきり言って、

そんなに世の中甘くないと思います。

 

ストック、不労所得を生むのは実際難しく、

それまではフローを得る方が簡単なんですよね。

 

 

物事には適切な順番がある。

 

 

フロー所得をしこたま稼ぐ実力があれば、

不労所得はすぐに生み出せます。

 

 

フロー所得を稼ぐ実力をつける根本には、

さまざまなスキルが必要です。

 

 

あなたは現在どのスキルが足りてないですか??

 

いつでもご相談くださいね^ ^

 

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    何でご相談されたいか項目にチェックを入れてください。
    独立起業したいのですが何で起業したらよいかわかりません。やりたいことはあるのですが、それをビジネスにする具体的な方法がわかりません。自分の強みや才能がわかりません。交流会や朝活に行っても集客できません。FacebookやブログでのWEB集客がうまくいきません。営業・セールスがうまくいきません。お客さんの実績について詳しく知りたいです。無料相談希望です。

    メッセージ本文<具体的に相談されたい内容をこちらに記入してください。>

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    関連記事

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。