BLOG

《リアル体験》幼児教育が人生を変える!

昨日、今日はオフでした!

 

そして今日は、

来年から嫁さんの職場復帰に向けて、

娘を入れる保育園探し(通称: 保活)の一環として、

《保育園見学》

に行ってきました!!

 

 

そこで、

『幼児教育が人生を変える!』

体験をしたので、実録します!

 

保育園選びは人が大事

 

現在は待機児童が多く、

なかなか希望通りには

保育園には入所できない状態になっています。

hoikujo_taikijidou

 

全国待機児童マップというものも存在して、

20011227_01_kj_zu48

やはり都市部は待機児童がとっても多いですね!!

 

僕が住んでいる自治体も例外ではなく、

かなり待機児童が多いということを

役所で聞いて愕然としました汗

 

 

ただ、

希望通りにはなかなか入所できないからと言って、

『もうどこでもいいや〜。』

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

って考えるのはよくないと思います。

 

 

・その園の建物の設備の良さ

・立地

・どんなイベントをしてくれるか

 

などなど選ぶ基準はあると思いますが、

大事なのは

『保育理念』

だと思います。

 

 

実際に今日見学に行った、

保育園がものすごく素晴らしかったのです!

 

 

保育の特色として、

外部講師を招き、

リズム遊びや英語遊びを

毎月するそうなんです。

img7900776295873

 

この時点で僕からしたら

すげぇな〜ってなるんですけど。

 

 

ただ、素晴らしかったのはそこではなく、

そこの園で働いている方の話で、

 

『確かにこういうイベントや、やることというのは、

いろいろありますが、

あくまでも私達の方針としては、

《幼児の主体性》を大事にしてるのです。

 

なので、

一方的にこの遊びをしなさい、

とか

このイベントをしなさいって、

強制するわけではないんです。

 

もし、子供が英語あそびの時に、

ブロック遊びをしたいってなったら、

それはまずさせてあげます。

 

その上で、

主体的に、よりやる気が出るように

声をかけて、

その後英語遊びをしてもらうようにしてます。』

 

この言葉を聞いて、

親としてすごく安心しましたし、

改めて教育って大事だということを

実感しました。

 

教育というのは、

『これをやりなさい。あれをやりなさい。このルールを守りなさい。』

situke

という閉塞的なものが多く、

 

そのくせに

『自主的に行動しなさい』

ってことも言ってるわけです。

 

全く論理が破綻してますよね。

 

 

自主性は

やはり小さい頃から体に染み付けないと、

社会に出てから活かすことは

難しいのです。

 

なので、

多くの人は、

人から言われたことを

ただただそのまま聞いてやるだけの

『Yesマン』な社会人になってしまうのです。

 

 

これでは人から操られるだけの

つまらない人生になってしまうのです・・・・

141120_psychology-yes

 

自分で答えを選択できる人間になるために

 

自分のしっかりとした選択基準を持ち、

ブレない人間になるためには

やはり教育というのは大切です。

 

できるだけ幼い頃に

自分で選べる環境を

大人が作ってあげる、

そんな行動をしていきたいですね!!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。