すっかり涼しくなってきたこの頃。

 

 

ただ、今日はけっこう暑かったですね!

 

 

先日、

気持ちまで熱くさせる

面白い話を、とある人から聞いたので、

その一部をお伝えします!

 

 

そのとある人とは、

甲子園球場で

『ビールの売り子』

してた方です!

2012032908

↑こんな感じ。

 

 

暑い中、

15キロほどするビールサーバーを背負い、

通路を動き回るだけでしんどいですよね。

 

 

そんな売り子さんは、

通常どれくらい稼いでいるのかというと、

一般的な普通ランクの売り子さんだと、

1日100杯ほど

 

 

トップセールスの売り子さんは、

1日300杯超売るそうなんです!!

3倍以上!!

 

時給換算すると、

時給8000円!!

一流企業の役員並みですね!笑

 

すごい!!

 

 

先日お話しした元売り子さんも、

それくらい売っていたと聞いて、

驚愕しました!

 

 

そして、その方から

トップセールスの売り子さんも実践している、

『緻密な販売戦略』

お聞きしたので、

特別に紹介します!

 

 

バカ売れする3つの緻密な販売戦略とは

 

1.木も見る、森も見る

20150116001252908

 

トップセールスの売り子さんは、

今買ってるお客さんも見る、

さっき買ったお客さんがいた周辺も見る、

これから買ってくれそうなお客さんの目線も見る、

 

といったように、

いろんなところに視野を向けることができます。

 

『木も見る(近いところ)、森も見る(広いところ)』

 

他のビジネスに置き換えても、

同様のことが言えますね。

 

目の前のクライアントのことも見るし、

それだけでは

今後長期的に販売を広げることができないので、

広い視野で次のクライアント獲得に、

動く必要がありますからね!

 

 

2.自分の色(特徴)を魅せる

l_037

 

広い球場のなかでも、

自分を目立たせて見つけてもらうこと。

 

また、

数いる売り子さんの中から、

自分を選んで買ってもらう必要があるので、

目立ってナンボです!

 

広いマーケットの中、

同業種のその他大勢の中から自分を

選んでもらうためには、

しっかりとしたブランディングが必要ですよね!

 

 

3.商圏を絞る

1b0849256dea48aeaff4183d994fee30

 

トップセールスの売り子さんは、

広い球場を歩きまわるのではなく、

『エリア(商圏)を絞って』

売っているそうなんです!

 

そりゃ、

あれだけ重いサーバーを担いで

歩き回るのを考えると、

非効率ですもんね!

 

買ってくれるお客さんに狙いを絞って、

その周囲の人に

明るく元気に声をかけて、

盛り上げて、

 

『今日も勝つといいですね★(にこっ)』

cg-nhxouyaaw4oy

 

熱狂的な固定ファンを作るそうです!

 

自分が売れるターゲットを

見極めることなく、

やみくもに当たり、

結局結果がでないってことありますよね。

 

そうならないためにも、

じぶんの強み、ウリを知ったうえで、

アクションをかけていきましょう!

 


 

ビールの売り子さんは

緻密な戦略を立てて、

めちゃくちゃビールを売ってるんですね!!

 

 

 

この3つの戦略は

基本中の基本なので

しっかりと押さえていきましょう!!

山本 佳典

株式会社エス・プロモーション代表取締役社長 山本 佳典(やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元三井住友銀行勤務。 個人の超富裕層顧客に対しての資産運用コンサルティング業務に従事。 官僚的・閉鎖的な企業体質への不満、 銀行でのキャリアステップ・ビジョンへの期待薄、 自身の才能・能力を持て余しているという虚無感 などを感じ、起業。 現在は、銀行員など大手企業・公務員からの独立起業成功実績No.1の会社を経営している、独立起業支援・経営コンサルタント。 現在、娘(1歳)息子(0歳)二児のパパ。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。