BLOG

独立起業・経営に関する
具体的なノウハウや考え方などについて
ブログやコラムにまとめています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 学習テクニック
  4. 『あなたの学び方は正しい?』あの天才エジソンもしていた成果の出る学び方《TEFCAS(テフカス)》って何?

『あなたの学び方は正しい?』あの天才エジソンもしていた成果の出る学び方《TEFCAS(テフカス)》って何?

このブログでは

しばしば《学び方》について取り上げていますが、

今日は、

あの天才エジソンも実践していた

学び方についてお話ししようと思います。

 

 

まず、エジソンってどんな人かって言われたら、

すぐにパッと言えますかね?

 

250px-thomas_edison2

 

こんなおっちゃんですね。

 

エジソンが残した功績としては、

生涯で1,300もの発明品を世に出したと言われています。

 

例えば、

白熱電球、蓄音機、活動写真、送電システム・・・・などなど。

 

 

今僕たちが普通に使っているものの

けっこう多くのものを

彼は発明したのです。

 

ほんとにすごいですよね!!

 

天才と言われたエジソンは、

その一方で《努力の人》《非常な努力家》と言われています。

A difficult task

 

 

エジソンは成功した人物と言われていますが、

その裏にはその成功と同じ数あるいはそれ以上の『失敗』をしています。

 

あの白熱電球を実際に形作るまでには、

なんと”6,000回”もの『失敗』をしたんだそうです!!

 

141212entrepreneur-thumb-640x356-82213

 

 

普通に考えたら、

”6,000回”も『失敗』したら諦めたくなりますよね・・・・

 

ここでいう『失敗』という言葉なんですが、

エジソン自身は『失敗』とは捉えていなかったんです!

 

こんな言葉を残しています。

『あなた方は皆、私が何千回と失敗したと言う。

だが、私は失敗していない。

数千回の《実験》を成し遂げたのだ。

どの実験も《目標》に近づくためのものだった。』

 

と。

 

 

エジソンの言うように、

『失敗』と捉えるのではなく、

『実験、試行』と捉える考え方を、

《TEFCAS(テフカス)思考法》と言います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-12-56-13

 

 

 

この《TEFCAS(テフカス)思考法》は、

優れたリーダーや、成果を上げている人は

もれなく応用している考え方なので、

 

あなたもこの考え方・学び方を

知ってほしいと思い、

今日は簡単にまとめてみましたので、

参考にしてみてください!!

 

 

《TEFCAS(テフカス)思考法》とは?

 

《TEFCAS(テフカス)思考法》

TEFCAS(テフカス)とは、

 

TEFCAS(テフカス)
・Trial    試行

・Event    実行、出来事

・Feedback  フィードバック、反応

・Check   チェック

・Adjust   調整

・Success  成功

 

一つ一つみていきましょう!

 

Trial  試行

12832432_1031424980263941_2211061545819816872_n

 

まずは何に挑戦するのか。

 

自分が叶えたい大きな目標があって、

そこまでの道のりを加速させるようなものであれば、

迷わずに挑戦!GOです!

 

この時大切なのは、

『他人から見てどう思われるか。』

『やらないといけないから。』

という動機で挑戦しないこと。

 

それでは決して長続きはしません。

 

その時は、

『その目標を絶対に達成しなければならない理由』

を明確にしてからGOしましょう!!

 

 

Event  実行、出来事

da3ca770f5c7139717141033c4ad8ae6

 

挑戦することが決まったら、実行しましょう!

行動を起こすことなく、結果を得ることなんてできません。

 

それこそ《有言実行》ですよね!

 

『いや・・・でも無理かもしれない・・・』

って思うこともあるでしょう。

でも、

無理かどうかなんてやってみないとわからないわけです。

 

 

『銀行やめて起業するなんて無理だろうな・・・』

home_kaisha_yamemasu

って思っていましたが、

いざ本気になって行動してみたら、

意外といけるもんでした。

 

 

そんな感じです。

行動することなく、無理だなんて決めつけないようにしましょう。

 

 

Feedback  フィードバック、反応

feedback

 

では実際に行動してみたら、

何かしら『YES』か『NO』の反応がありますよね。

 

 

新しいことに挑戦してみたら、

だいたい最初は思った通りにいきません。

 

それがたとえ恥ずかしいものだったり、

目を逸らしたくなるようなものでも、

しっかりと受け取りましょう!

 

あるのはフィードバックのみです!

失敗ではありません!

 

 

Check  チェック

l_032

 

ではその反応、フィードバックを見て、

『なぜダメだったのか?』『なぜうまくいったのか?』

をしっかりとチェックしましょう。

 

得られた結果という事象だけでなく、

『なぜ?』

と問いかけることが非常に重要です。

 

次への対応力が何倍も変わってくるでしょう!!

 

 

Adjust  調整

1503_size-adjust

 

ここまででできなかった理由、できた理由をチェックしたら、

次にその理想に対してのズレを調整しましょう。

 

『もう少しこうしたらうまくいくかな。』

『こうしたらもっと良くなるかな。』

 

と調整を根気良く何回も繰り返していくといいですね。

 

 

Success  成功

185

 

なんどもなんども調整をしていれば、

自然と成功に近づいていることでしょう!

 

成功した結果はもちろんですが、

ここまで試行錯誤してきた努力を

しっかりと自分でほめてやりましょう!!

 

 


いかがでしたか?

 

成功というのは挑戦から全て始まるものです。

 

ただ、

がむしゃらに挑戦しても

それは効率がいいとは言えません。

 

その挑戦をうまいこと自分の能力にし、

現実的な結果にしていくために、

《TEFCAS(テフカス)思考法》を意識していきましょう!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。