『もっとわかりやすく説明ができたら、契約につながったのにな〜。』

 

商品のプレゼンや、

セミナーでの講演などで

自分の説明がなかなかわかりやすくまとめられず、

悔しい思いをしている方はいませんか?

 

 

『説明のわかりやすさ』

これの良し悪しでセールスってうまくいくか

けっこう左右されますよね。

 

 

『なんか言ってることよくわからんな〜。』

って思うようなセールスマンから

あなたは商品を買いたいって思いませんよね?

 

 

先日、

定期開催している

『集客に困っている起業家向けの簡単集客勉強会!』

(気になる方は↑をクリックしてみてくださいね!)

というセミナーの参加者とその後やりとりをしたのですが、

 

こんな嬉しい返答をいただいたのです。

 

『とてもわかりやすかったです。』

 

これです。

 

そして、

『なんでも聞いていただいてかまいませんよ。』

 

僕からのセミナーが

”わかりやすく”、そして

”なんでも聞いていい”というほどの信頼関係が

構築されたのです。

 

 

わかりやすく説明をすることで、

こんなにもその後のやりとりがスムーズになっているのです。

 

 

実は、

僕は『わかりやすく説明するために』常々意識していることがあるんです。

 

 

今日は、

”わかりやすい説明”をして信頼関係を構築し、その後の展開にうまくつなぐ3つのテクニック

についてお話ししますね!

 

”わかりやすい説明”をして信頼関係を構築し、その後の展開にうまくつなぐ3つのテクニック

 

1.説明は全体像から入る

 

”木を見て森を見ず”って言葉ありますよね?

 

わかりにくい説明・トークをしている人は、

”木を見て森を見ず”な説明をしているんです。

 

いきなり、具体的な話、突っ込んだ内容、個別の部分を

話してしまうんです。

 

そうではなくて、

大まかな全体像を先にお伝えします。

 

そうすると、

話のスタートからゴールがイメージできるので、

あなたの話が入りやすくなりますね!

 

2.重要な部分はめっっちゃ強調する

 

大事かどうかっていうのは、

初めてあなたの説明を聞いたときに

自分で判断するのはなかなか難しいと思います。

 

そこで、

あなたが親切にも大事なところを強調してあげるのです。

 

『ここ、めっちゃ大事です!!』

って大声で言ってあげましょう!

 

めっちゃわかりやすいですよね!

 

 

3.相手にとって身近なたとえ話を入れる

 

やっぱりわかりやすい話をするには、

”たとえ話”が有効です。

 

しかも、

相手にとってより身近なたとえ話をするわけです。

 

相手が全然わからないたとえ話をしても

全くもってちんぷんかんぶんですよね!

 


いかがでしたか?

 

わかりやすく、どうやって説明ができるのか。

 

一番大切なのは、

”相手に合わせること”ですね。

 

しっかりと意識していきましょう!!

山本 佳典

株式会社エス・プロモーション代表取締役社長 山本 佳典(やまもと・よしのり) 1989年岡山県生まれ 元三井住友銀行勤務。 個人の超富裕層顧客に対しての資産運用コンサルティング業務に従事。 官僚的・閉鎖的な企業体質への不満、 銀行でのキャリアステップ・ビジョンへの期待薄、 自身の才能・能力を持て余しているという虚無感 などを感じ、起業。 現在は、銀行員など大手企業・公務員からの独立起業成功実績No.1の会社を経営している、独立起業支援・経営コンサルタント。 現在、娘(1歳)息子(0歳)二児のパパ。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。