BLOG

独立起業・経営に関する
具体的なノウハウや考え方などについて
ブログやコラムにまとめています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 学習テクニック
  4. なぜ同じ環境で学んでいても差がつくのかは、学び方を見ればすぐにわかる。

なぜ同じ環境で学んでいても差がつくのかは、学び方を見ればすぐにわかる。

『なんであいつはうまくいって、俺はうまくいかないんだぁ!!』

12723-920x614

 

って、

同期が良い成果を挙げたり、出世したりして、

ちょっと嫉妬心が芽生えてしまったことがある人はいますか?

 

 

12月ですので、

会社での営業ノルマや、

個人での成果については

かなりシビアになっていることと思います。

 

 

そんな時こそ、さらに、

周りのことが気になってきますよね。

 

 

同じ会社や、

同じビジネススクールなど、

同じ環境で同じ内容を学んだはずなのに、

『なんであいつの方が、うまくいってるんだー!!』

 

 

同じ学びをしているのに、

できる人とあと一歩の人というのは、

”学び方”が全然違うのです。

 

 

今日はどこでその差が生まれるのかについて

お話をしていきます。

 

 

才能や遺伝とは違う、学び方の差が原因

 

いい成果が出ている人と、

なかなか思った成果が出ていない人は、

何が違うのか、

 

ということを考えた際に、

もしかしたら、

『才能でしょ?』『遺伝子の問題でしょ?』

d-09-710x290

 

って思われるかもしれませんね。

 

もちろん、これもひとつだとは思います。

 

 

ただ、ですね、

それ以上にやっぱり大きな差が生まれるのは、

『学び方の姿勢』の差なんですよね。

 

 

大きく分けて、

3つの段階に分かれます。

 

 

学んでいるようで学んでない人

o0500031312944687171

 

『本当にちゃんとそのこと学んだんですか?』

って感じの人です。

 

聞いたことは、右から左。

 

興味があることだけ話を聞く。

 

貪欲に物事を吸収しようとしない、そんな感じです。

 

 

その場だけ一生懸命にやる人

image

 

このタイプは最近多く感じます。

 

セミナーや勉強会、スクールなどで、

その講義中や、やってる最中だけ、

めちゃくちゃ頑張るけど、

 

その瞬間以外は、

完全オフ。

 

『これからどうしていくつもりなんですか?』

って聞くと、

たいてい答えは返ってこないです。

 

その場だけ。その場だけ。

 

 

常日頃学びだと捉えている人

a31411328_m

 

こんな人は最強です。

 

街中を歩いている時も、

スマホをぽちぽちしている時も、

ご飯を食べている時も、

すべて学びに変えられる人ですね。

 

常に考える習慣を持ち、

情報を大量にインプットし、

それをアウトプットしている人は、

思考力、表現力は抜群につきます。

 

結局、

結果が出せる人は、

ここの日常のあり方が変わってきます。

 

学ぶ時間が終わっても、

常に学び続ける姿勢が大事なんですよね。

 


いかがでしたか?

 

常に学び続ける姿勢を持っていれば、

毎日が成長になりますね!

 

あと一歩のその差を埋めるのは、

あと少しの学びですよ!

 

 

*****************************

◆12/18(日)14-17時 特別開催!集客&文章の書き方勉強会!◆

 

もしかしたら、

あと少し足りないものが

この勉強会で得られるかもしれないですね!

 

気になる方はこちらから↓

syuukyakunouhau-001

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。