BLOG

日本には圧倒的にコーチが少ない

すべてのプロスポーツ選手には、コーチがいます。

コーチ抜きで、プロスポーツ選手になることも、継続して活躍することも不可能といえます。

 

しかし、この国のほとんどの人には、コーチがいません。

人生をよりよくしたり、夢や目標を達成できる人生を生きていくことも、プロスポーツ選手同様かもしくはそれ以上に、スキルやノウハウ、経験は必要です。

にもかかわらず、まだこの国には、人生をよりよくするためにコーチをつけるという人がほとんどいません。

その理由は、本当に成果を出せるプロコーチがいないことが大きな要因だと思います。

 

米国など、個人の自己実現の追究が盛んな国には、多くのプロコーチがいます。

Facebookの職業にも、「コーチ」という選択肢があるくらいです。

 

私は、起業家・経営者・家族人として10年にわたる成功体験と、多くのクライアントの自己実現をサポートした経験を持つ、プロコーチです。

この国で、これだけの経験と実績を持つプロコーチはおそらくほとんどいません。

今いるコーチは、コーチングを学んで資格を取っただけのコーチがほとんどだからです。

 

プロスポーツコーチのケースを考えればすぐわかりますが、コーチの能力にはそのスポーツでの経験量と実績が圧倒的に意味を持ちます。

同様に、プロコーチの場合には、人生やビジネスでの経験量と実績が圧倒的に意味があります。

今後、本物のプロコーチが増えていくことが、この国の未来にとって重要な要素だと考えています。

プロスポーツ選手が引退後、コーチとして活躍するような形をビジネスの世界にも導入することで、優れたスキルの伝承とより多くの人々のスキルアップが可能になると思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。