BLOG

能力ある人が潰されるという「会社・組織の当たり前」を改革すると僕は決めた

組織では「能力がある人」が潰されるのは当たり前です。

 

ただ、

その能力ある人を潰すという「当たり前」「それが常識」であることが

僕は心底腹がたつのです。

 

これまで

学校では必死に勉強を頑張ってきて

部活動も頑張ってきて

ずっと努力をしてきたのに・・・

 

「大手の会社に入ることができれば、これまでの頑張りが実る」

「大手の会社に入ることができれば、みんなからすごいって言われる」

「公務員になれれば、今後の人生きっと安定する」

「自分が頑張れば将来の家族も幸せにできる」

 

そう思って、それをただただ信じて頑張ってきたのに・・・・

 

 

なんでこうなるんだ?

俺がなんか悪いことしたのか?俺が悪いのか?

いや、俺はただただ頑張ってきただけ。

なのに、なぜ?

 

・・・・

これは、僕自身がかつて銀行にいた時に感じたことです。

 

自分で言うのもなんですが、

僕は自分が能力ある人間だとずっと思っていました。

会社でもきっと高い評価を受けて、きっと出世コースにするすると乗っていく。

そう信じて疑っていませんでした。

 

ただ、現実は違ったのです。

 

「上司の妬み」

「理不尽な理由でのパワハラ」

「単純に好き嫌いで評価される」

「社内の凝り固まったルール」

 

こういった、

学力が高い、仕事の能力が高い、営業成績うんぬんでは”全く評価されず”、

「馬鹿馬鹿しい人間の気持ちの問題」

「社内の悪しき習慣・常識」

が、社内での評価を決めるねじ曲がったモノサシだったわけです。

 

特に、

「大手企業」「公務員」はそのねじ曲がり方が特にひどい。

・いつまでも居座り続ける古臭い凝り固まったルール

・下から上がってくる本当の意味で優秀な人材(会社にとってではない)を叩き潰すひねくれた上司

 

だからこそ言いたい、

「大手企業や公務員はさっさとやめたほうが身のためだ」

 

この記事を読んでいるあなたも

この理解のできない事実に不満を感じたことはあるのではないでしょうか?

 

会社で生き残れるのは「無能」「鈍感」「都合の良いやつ」だけだ

会社や組織で出世できる人、

いや、言い方が正しくないですね。

 

会社にそのまま居残る人は、結論から言うと、

「無能」「鈍感」「会社にとって都合の良いやつ」なだけ

 

本当に能力があって優秀な人材というのは、

会社の理不尽さや上司の怠惰さにイライラして

反発をして、上司から嫌われてしまい、出世はできない。

 

だから、

会社でそのまま居残っている人、

結果的に会社での格が上がっている人というのは、

そういう意味では、

会社に対しての不満を感じない鈍感さがあるか、

そんなことは表に出さずにヘコヘコと上司にごますりができる

会社にとっては都合のいい人間だということ。

 

 

僕はそういう意味では

会社にとっては都合の悪い人間だったでしょう。

 

・「このルール守る意味ありますか?」

・「こんな打ち合わせ無駄ですよね?」

・「なんで正しくないあなたの言うことを聞かないといけないのですか?」

 

って反発してきました。

いや、しないほうが正直おかしいだろ?と思うくらいの理不尽さがあり、

それを見て見ぬふりをしている周りの連中も

変な人たちだなと思っていました。

 

でも、結局日本は出る杭は打たれる文化。

僕は打たれました。

 

僕の親友も何人も潰されました

 

僕は友達といえる友達は本当に限られた人間しかいませんが、

僕と同様に会社・組織に潰された人間がいます。

 

彼らは人一倍、

人のことを想うし、学力も高いし、優秀。

 

一人は「ヤンキーたちが増えて、荒れてしまった地元の教育を変える」

という思いで、小学校の教師をしていました。

 

ただ、今時の「モンスターペアレンツ」に罵倒され

結局組織には守られることなく自分を責めてしまい、

生きる目的を失って、鬱になってしまいました。

 

一人は、同じ大手銀行員。

上司に散々数字を詰められ、

目標を達成しても、さらに高く設定され、

到底達成できないような無理を押し付けられ、

できなければ罵倒。

彼も精神疾患を患い、そのまま退職へ。

 

 

こんな優秀な彼らが、

どうして組織のしょうもない人間関係のせいで

心に深く傷を追ってしまわなければならないのか、

僕は不思議でたまりません。

 

 

我慢なんてしなくていい。自分を大切にできる方を選べばいい。

 

この記事をここまで読んでくださったあなたへ。

 

僕は強く伝えたいのです。

「我慢なんてしなくていい」って。

 

ここまで頑張ってきた自分に正直になってほしいのです。

 

こんな理不尽なルールに対してなんで従わなきゃいけない?

こんな自分の好き嫌いで態度を変える上司の言うことをなんで聞かなきゃいけない?

自分の能力が正当に評価されてない環境になんでこのままいなきゃいけない?

 

よくご自身に問いかけてみてください。

 

なんか我慢をしてませんか?

 

「反発したら上司からなんて言われるかわかんない」

「こんな大企業やめたら世間からどう思われるかわからない」

「家族に反対されてしまう」

 

そんな風に周りの目ばかり気にして我慢してませんか?

 

そろそろ自分に正直に、素直になって

自分の意思で自分の人生選んでもいいんじゃないでしょうか?

 

 

きっと大丈夫。あなたなら大丈夫。

 

僕は、能力ある人が潰されるような腐った世の中を変えるために今の仕事をしています。

 

我慢するな、自分で選べ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。